ヘアメイクアップアーティスト

女性の仕事・資格 ヘアメイクアップアーティスト

【ヘアメイクアップアーティストの仕事について】

美容室の他、TVや映画の現場、雑誌の撮影や結婚式などでのヘアメイクアップ担当として働きます。

または商品開発に携わる場合もあり、活躍できるフィールドの種類は多く求められる技術はさまざまですが、プロによるヘアメイクは需要が増えてきているので高度な技術が必要になります。

技術力を常に高める努力ができる人はもちろん、どうしたらモデルの特長や魅力を引き立たせる事ができるかを想像できる力を持つ人、世間の流行に敏感な人、時間が不規則な現場に配属になった際も対応できるよう、体力のある人に向いています。

中には、ネイルアートの技術などを併せ持つ人も大勢います。

将来はフリーで活躍するという目的で下積みを積んでいく人が多いのも特長です。


【ヘアメイクアップアーティストの資格について】

現在、この仕事の公的資格はありません。

ヘアメイクアップアーティストを目指すには、美容関係の養成所に入学して技術・知識を身につけるのが一般的です。
美容師免許をもっていると仕事に生かしやすいでしょう。

また、外国人と接する場合もありますので、語学力を身につけると実践で役に立つ事があります。

養成所の課程を修了した後は、現場で働くアーティストのアシスタントになったり、ヘアメイク専門の会社に就職して経験を積みます。

ヘアメイクにはいろいろな種類・ジャンルがあるので、自分が取得したいジャンルを見極めておきましょう。

スポンサードリンク