ビューティアドバイザー

女性の仕事・資格 ビューティアドバイザー


【ビューティアドバイザーの仕事について】

ビューティアドバイザーは、メイクの実践やカウンセリングを行いながらお客様にあったメイクアップ用品の提案・メイク方法のアドバイスをする仕事です。

活躍の場としては、百貨店やドラッグストアなどにある化粧品コーナーで店頭販売員として働く場合と、お客様の家で訪問販売員として働く場合があります。

メイクアップ用品が好きで「人をキレイにしてあげたい」という願望を強く持っている人に向いています。


その他、常に人とコミュニケーションをとる必要がありますので社交性を持ち合わせた人、しっかりとした基礎知識を持った人、移り変わる流行に敏感対応できる人が重要視されます。

メイクアップだけではなくいろいろな肌タイプにあわせたスキンケア、化粧品に関するトラブル回避術などの提案などもしていきます。


【ビューティアドバイザーの資格について】

現在、この仕事の公的資格はありませんが、色彩検定や日本メイクアップ技術検定などを取得しておくと役に立つでしょう。

また「全国化粧品小売協同組合連合会(CRC)」が、ビューティアドバイザーの公認制度を設けています。

実践で必要になる基本的な技術や知識を勉強するには、メイクアップに関する学校に入学するのが一番の近道です。

学校で習得する過程の内容は、

●人それぞれがもつ魅力を引き立たせてあげられるようなメイクアップの技術
●短時間で行えるクイックメイクの方法
●コンプレックスを解消するためのセラピーメイク
●肌のカウンセリングや接客法

に併せて、
皮膚理論や化粧品の成分なども学ぶ事ができます。

スポンサードリンク