ネイリスト

女性の仕事・資格 ネイリスト


【ネイリストの仕事について】

爪にカラーアートを施す技術を持った人がネイリスト(マニキュアリスト)です。

細かい作業が得意で手先が器用な人、美的センスに長けている人、また、常にお客様を前にする仕事なので社交性のある人に向いています。

この仕事の代表的な活躍の場は、ネイルサロンです。

そこでは来店されたお客様に対して、ネイルケア、カラー、スカルプチュ、ネイルアートを施します。

ボランティア活動として体の不自由な方に対しての仕事や、精神的なカウンセリングの一環として心を癒す目的でネイルアートが使われる事もあります。

また、ネイルアートのみでなく、ハンドケアなども行われています。

最近ではネイルサロンの需要も高まり、これまでのような「特別な場所」という認識ではなく、美容室と同じように気軽に立ち寄る事のできる施設として変化してきています。

幅広い年齢層の方が活躍できるので、今、最も注目されている仕事と言えるでしょう。


【ネイリストの資格について】

公的資格はありませんが「ネイリスト技能検定試験」があり、ネイリストを目指すのに良い目標となる検定があります。

この試験は知名度が高いため、取得しておくと就職に有利です。
1〜3級があり、それぞれの内容は生理学などの学科試験・ネイルアートの実技試験の二つです。

1級を取得すると高い技術を持ったネイリストとして評価され、さらにレベルアップとして協会が認定する講師資格を受験する事もできます。

実際、爪にカラーアートなどを施す技術や知識を身につけるには、他職業と同じで養成所に通って勉強するのが望ましいでしょう。

また、通信講座を開講している養成所もあります。

>>こちらで無料の資料請求が可能です。

スポンサードリンク