ハーブインストラクター

女性の仕事・資格 ハーブインストラクター


【ハーブインストラクターの仕事について】

ハーブの世界は大変幅広く、自然が生み出す薬草をお客様にアドバイスをしていく仕事になるので、十分な知識を持つ事が重要です。

栽培から美容、また東洋医学的解釈の活用法まで、いろいろなジャンルがあります。

ハーブを使ったアロマテラピーの仕事や、美味しくて健康にも良いハーブティーをブレンドする仕事、バスソルトなどの美容薬品をアドバイスする仕事、また、クッキングハーブなど、その種類はさまざまです。

今のところ、ハーブインストラクターにたくさんの需要があるとは言えませんが、現代は「癒し」を必要とされている時代なので、今後の発展が多いに期待される仕事の一つです。

独立して専門的に開業する人や、ハーブに関する講演の講演者として活躍する人、インターネット販売をする人など、活躍の場は広がりつつあります。


【ハーブインストラクターの資格について】

ハーブインストラクターに関する公的資格はありませんが、民間資格で「ハーブインストラクター」資格があります。

この資格は、

●初級
●中級
●上級
●ハーブスペシャリスト
●ハーブマスター

の5つのレベルに分けられています。

就職などをした後、カルチャーセンターに通ったり独自で学んだりしながら資格の取得を目指して学んでいくとよいでしょう。

主な勉強内容は、ハーブの歴史・栽培方法・挿し木などから、美容や健康とハーブの関係など、さまざまです。

ハーブをガーデニングとして扱う仕事につきたいのであれば「DIYアドバイザー」や「グリーンアドバイザー」の勉強もあわせて行っていたり、フラワーアレンジメントの仕事にハーブの知識を役立たせる目的で知識を得る人もいます。

ハーブは趣味の延長線上で気軽に楽しんで学べるものでもありますが、妊婦や病気の方が取ってはいけない種類もありますので、お客様にアドバイスをする専門的なインストラクターになるには、人体とハーブの関係も学ぶ必要があります。

スポンサードリンク