サプリメントアドバイザー

女性の仕事・資格 サプリメントアドバイザー


【サプリメントアドバイザーの仕事について】

サプリメントアドバイザーとは、サプリメント製品の知識・情報・摂取方法・効果などを知り、お客様などにカウンセリングやアドバイスをしながら製品の販売をしたり、また知識を生かして教育・医療・介護のなど現場で活躍する仕事です。

薬品を扱う仕事とは違いますが、サプリメントは、その効果を得るために人間が直接摂取するものです。

今ではコンビニでも販売されているので簡単に入手できるようになり、最近の「健康ブーム」によって現代人の健康志向の意識も高まってきました。

しかし、手軽に手に入るようになった反面、安全性や知識が間違ったままサプリメントが常用されている場合もあります。

中には体に良くない組み合わせもありますので、サプリメントアドバイザーはよりよい摂取方法をアドバイスし、健康促進の手助けができるように専門的な知識を得ている必要があります。

近年では、動向に応じて医師や栄養士にもサプリメントに関する情報が必要です。

このように、この業界の需要や将来性は高く新製品の開発も著しいので、今後ますますサプリメントアドバイザーの活躍の場は発展していくでしょう。


【サプリメントアドバイザーの資格について】

「サプリメントアドバイザー」の公式の資格はありませんが、民間にある認定協会で講座を受講するなどして知識を学び、そこで一定の単位をとると試験を受ける事ができます。
(医師・薬剤師・栄養士など、協会が指定する資格を持つ者は一部試験を免除されます)

この試験のために受講する科目としては

●栄養学
●公衆衛生学
●国内外の関連法規
●臨床薬理学
●食品成分の機能と科学的根拠
●サプリメントの素材とその最新情報
●基礎の生化学
●基礎の生理学
●臨床カウンセリング法

などがあります。

スポンサードリンク