アロマテラピスト

女性の仕事・資格 アロマテラピスト

【アロマテラピストの仕事について】

アロマテラピーは、樹木や植物から抽出できる精油(エッセンシャルオイルとも言います)により、嗅覚を刺激しながら行う「芳香療法」です。

精油の使い方や選び方のカウンセリングや精油を使ったマッサージなどで、人の心身の健康を保ったり不調を治す手伝いをするというヒーリング手法です。

この仕事は、サロンなどの施設に勤務する他、講師として学校に勤務する場合もあります。

活躍できる場はアロマサロン・整体・エステの他、近年では人々のアロマに対する関心度が高まってきた事もあり、スポーツクラブ・ホテルでも活躍できます。

そして、将来的に独立をして自分で開業をする人が多くいます。

人間の体と心を支える手伝いをする仕事ですので、社交性のある人・お客様に対して愛情や思いやり、責任感を持って接する事が出来る人、専門的知識が豊富な人に向いています。

自分の体の健康管理がきちんとできる事も重要でしょう。


【アロマテラピストの資格について】

公式資格は存在しませんが、民間資格は複数あります。
取得しておくと、スキルアップ・就職などに役立つでしょう。

○社団法人日本アロマ環境協会主催の資格として、

●アロマテラピー検定
●アロマテラピーアドバイザー
●アロマテラピーインストラクター
●アロマセラピスト


○日本アロマコーディネーター協会主催の資格として、

●アロマコーディネーター
●インストラクター
●アロマハンドリラックス(AHR)
●アロマ・フェイシャル・リラックス(AFR)
●チャイルドケア


○日本アロマケア学会主催の資格として、

●アロマケアスペシャリスト(ジェネラルスペシャリスト)

が代表的です。

知識や技術を学ぶにはアロマテラピー協会認定の養成所に通うのが一般的です。

精油を取り扱いにあたっては、最近では一般の人が持つ知識も増えてきているため、基礎知識の他にアロマに関連したさまざまな情報を勉強しておく必要があります。

スポンサードリンク