香水コーディネーター

女性の仕事・資格 香水コーディネーター

【香水コーディネーターの仕事について】

香水コーディネーターとは「香りのプロフェッショナル」として、お客様の好み・雰囲気・ファッション・TPOにあわせて香水をチョイスする仕事です。

香水に関する情報などに興味があるだけではなく、香りに対して敏感に区別ができる人、お客様にアドバイスやカウンセリングする際に必要であるコミュニケーション能力に長けている人に向いています。

この仕事で活躍できる場所は、香水の専門ショップ・百貨店の店頭・化粧品会社などがあり、また、香水のカルチャースクールで講師として働ける場合があります。

経験を積んだ後独立して開業する人や、「フレグランスデザイナー」として調香の技術を持って活躍する人もいます。

このように、しっかり基礎知識や技術を身につければ将来性は高い仕事ですが、現在、他の国と比べて日本では「香りを楽しむ」事に対してまだ浸透していないという面があります。

そのため、就職先としては今はあまり多くはありませんので、在学中などに人脈を広げる努力をしたり、地道に就職情報をチェックしておくとよいでしょう。


【香水コーディネーターの資格について】

この仕事に関する公的資格はなく、就職する際に必要な資格も特にありません。

公的資格で「臭気判定士」資格を目指して勉強をすると、実務で役に立ちます。

一般的には専門学校やカルチャースクールで学ぶのが近道であり、必要な知識として、香水・香道(香木をたき香りを鑑賞する芸道)など、香りに関する知識・技術を学んでいきます。

中には「調香(香水を作ること)」の技術まで身につける事ができる学校もあります。

この「調香」の技術を併せて覚えておくと、香りに関する幅広いジャンルで活躍できるようになるでしょう。

スポンサードリンク