パフューマー

女性の仕事・資格 パフューマー


【パフューマーの仕事について】

パフューマーとは、製品を製造する上で香粧品香料の香りを創って、その効果で人々を癒すなどを目的とする仕事です。

対象は、化粧品・香水・ゴム製品・接着剤・シャンプー・石けん・入浴剤・芳香剤などさまざまです。
(食品香料を創る仕事はフレーバリストと呼ばれています)

この仕事は、「パフューマー」「フレグランスアドバイザー」「調香師」など、いろいろな名称で呼ばれる事があります。

想像力によって調香をするため、技術や経験の他に、常に世間の流行を把握する力や個性的なアイディアセンスが求められます。

嗅覚が正常であり、香りに関する興味が深い人や匂いをかぎ分ける事に抵抗を感じない人(耳鼻科系疾患のない人)に向いています。

今現在、国内のパフューマーは多くが男性であり約200名が活躍しています。そのため、今後は女性の活躍が期待されています。

近年では対象商品に対する香りつけのみならず、店舗や会社などの空間に香りを加えるなど、新しい活躍の仕方が増えてきて需要はますます高まっています。


【パフューマーの資格について】

パフューマーの仕事に必要な公的資格などはなく、特に学歴や経験も問いません。

まずは専門学校や講座で調香や単品香料の技術を身につけて、修了後に化粧品会社や香料関係の会社に就職します。

入社後に、適性や希望などによってパフューマーの部署につくのが一般的です。
また、縁故や求人広告などによる募集もあります。

スポンサードリンク