ビジネスマナー・名刺交換

女性の仕事・資格 ビジネスマナー術・名刺交換の仕方


【ビジネスマナー術・名刺交換】

名刺交換は初対面の方との挨拶代わりとなる、ビジネスシーンでは非常に大切な行為です。
いつでもスムーズに手渡せるように、また、相手からいただいた名刺をなくさないように、名刺入れは取り出しやすい場所に入れておきましょう。
折れ目や汚れなどにも気をつけたいものです。


【名刺の渡し方】

名刺交換の際、座ったままでは失礼にあたります。
必ず立って(すでに着席していた場合でも立ち上がります)相手と目線を合わせ、社名や名前を名乗りながら両手で名刺を差し出します。

受け取る相手が名刺の向きをかえる必要のないように相手の向きにあわせて、文字を指で隠さないようにして胸の高さ辺りで自然に差し出しましょう。

目下の者から先に、訪問先では訪問した者が先に差し出します。

目上の人や訪問先の人が先に名刺を差し出してきた時は、必ず「申しおくれました」などと一言詫びてから、自分の名刺を差し出しましょう。

渡す相手が何人かいる時は、地位が高い人へ順番に差し出していきます。

名刺は必ず手渡しします。絶対に机の上などに置いたりしてはいけません。


【名刺の受け取り方】

名刺は相手からいただく大切なものです。
邪険に扱う事なく、敬意を込めて軽く会釈をしながら必ず両手でいただきましょう。

渡された名刺には丁寧に目を通し、これからの商談中に間違いが起こらないように、相手の会社名・部署名・お名前を確認します。

名前の読みなどが難しい時は、この時でお聞きしておきましょう。(ここで名刺にメモやフリガナなどを書くのはマナー違反です)

その後は、絶対にカバンやポケットにしまう事なく、自分の名刺入れにしまいます。

何人もの人と名刺交換した時には、いただいた名刺を机の上に並べてもOKです。

スポンサードリンク