ビジネスマナー・お茶出しのマナー

女性の仕事・資格 ビジネスマナー術・お茶だしの方法


【ビジネスマナー術・お茶出しのマナー】

お茶出しは、ビジネスマナーの重要な動作です。

お盆には茶托と湯のみをわけてのせ、また、たくさんのせすぎないようにします。
また一緒にふきんを用意しておくとよいでしょう。

ドアをノックした後、「失礼します」と言って部屋に入り、訪問者に「いらっしゃいませ」と声をかけて軽い会釈をします。

サイドテーブルがあればお盆をそこに一度置いて、「失礼します」と声をかけてから両手で茶托を持ちながら邪魔にならない位置にお出ししましょう。

コーヒーカップの場合は、カップの取っ手が訪問者から見て左になるようにおきます。

お盆をおく場所がない場合は、お盆を左手(利き手と反対側)で持って右手(利き手)でお茶を出します。

訪問者が何人かいる場合、上司が先・部下が後の順番ではなく、上座に座った人から順番にお出ししましょう。

社員にも出す場合は、訪問に出した後に出します。
(社員が目上にあたる場合も訪問者から先に出します)

一緒にお菓子などを出す場合はお菓子を先にお出しして、その後、相手から見てお菓子の右側にお茶をお出しします。

出し終わったら、トレーを脇に持ち「失礼します」と声をかけて退室します。

出し方だけではなく、お出しするお茶(コーヒー・紅茶など)の美味しい入れ方なども学んでおくとよいでしょう。

スポンサードリンク