ビジネスマナー・敬語の使い方

女性の仕事・資格 ビジネスマナー術・敬語の使い方


【ビジネスマナー・敬語の使い方】

敬語は、地位や経験年数・年齢などの差を示し、お互いを尊敬しあう事のできる大切なものです。

ビジネスシーンでは必要不可欠ではありますが、最初はとても使いこなしにくいものでしょう。

しかし、社会人として敬語使いに上手くなじむ事ができると、人間関係もスムーズに進められます。


1・尊敬語

相手に対して敬意を直接敬意を表す言い方です。
特に、目上の方・お客様・上位の方などの、自分より立場が上の方に対して用います。

例→いらっしゃる。おっしゃる。召し上がる。など

なお「お食べになる」「おいでになられる」などの使い方は「二重敬語」といって、尊敬語を二重に使ってしまっている敬語の間違った使い方です。


2・謙譲語

わが国古来の独特な表現です。

自分の事を謙遜する事で、間接的に敬意を表す言い方です。

自分の行動に大して「お○○する」などと言う謙譲語に直す時と、「行く」を「伺う」と変化させて表す時があります。
通常使う言語は少ないでしょう。

例→お伺いする。お越しいただく。申し上げる。など


3・丁寧語

普段使う言葉より丁寧な言い回です。

敬語の種類には入りますが、文頭の最後を「ます」「です」「ございます」にしたり、言葉の最初に「お」や「ご」を加えて、言葉の響きや品格、美しさを表す事を重要視した表現です。

例→お菓子。お天気。ご飯。本日(ほんじつ)。昨日(さくじつ)。

尊敬語と謙譲語は混同されがちなので、気をつけて使いこなしていきましょう。

スポンサードリンク